今日も
今日とて
フィットネス
日和

あれもこれもでは辛くないですか?

先日ちょうどお客様とこんなお話をしたので
こちらでも書こうと思いました。

私のお客様にはダイエットを目的にされる方も少なくありません。
しかし、ダイエットを始める際、
あれをやって、これもやって、あれを食べて、これを控えて、、、といろいろ課題・タスクを増やしていっていませんか?
そして、それが面倒になって挫折していませんか?

ダイエットの失敗例のほとんどは
「継続できなかったことによる習慣からの離脱」
です。

そしてその離脱理由の大半が
・効果が感じられないから
・辛いから、ストレスになるから

です。

効果が感じられないと答えた方に言える事は
単純に知識不足です。
身体は本当に正直です。
日々の食べたものと運動で体型が決まります。
適切な知識さえあれば
効果がない、なんてことは絶対ありません。
少なくとも何かしらの変化はしています。

辛いから、ストレスになるから
とお答えした方について(ここが本題です)。
それこそが自らが課した膨大な課題に
追い詰められてしまった結果です。

ダイエットは何もそう難しく考える必要はありません。
適切な知識を学び、適度に動く習慣(一般生活レベルでも可)を身に付け、日常の食事から無駄を省いていく作業です。

特に現代の方は感情の変化と食事を紐付ける方が多いです。
・良い事があればお祝いに食べる
・悪い事があれば紛らわせるために食べる
・嫌な事があればストレス発散に食べる

そして加えてタチが悪いのが無感情でも食事を摂るところです。
・何もないけど口が寂しいから、なんとなく食べる

実際に日本がここまで豊かではなかった数10年、
100年前は肥満がここまで問題視される事はありませんでした。

つまり、まとめると
ダイエットは何かを足していくのではなく
現状から引く、もしくは差し替える
事が大事なポイントになります。

そうすることで人によっては心理上の拘束は
残るかもしれませんが、間違いなく
時間・活動・金銭上の拘束は減るでしょう。
(「ムダなものを食べない」だけでこれまで食べることにかかっていた時間・労力・費用はなくなるわけですから。)

皆さんもダイエットの際には何も気負わず
気軽に引き算から始めてみてください。

Enjoy! Fitness!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。